GRAZIE! Sr.フランチェスカ
2023.11.27

宣教者として1984年10月、日本に派遣されたSr.フランチェスカは、39年間神様の望みを受け止め人々に神の愛を伝えて、自分の使命を全うしイタリアの地で8月8日帰天致しました。

享年74歳でした。

 

 

オンライン カジノ ボーナス の理事長として2023年3月までの19年間、学園のトップとしてオンライン カジノ ボーナス の教育活動を牽引し発展させてくださったシスターに感謝と追悼の意味を込めて10月14日(火)にごミサを捧げました。

主司式はローマ教皇庁臨時大使ファブリス・リぺ師、聖霊中学・高等オンラインかじノ 入金不要 校長マイケル・リンストロム神父様、金沢教会九里彰神父様、春日井教会北向修一神父様の共同司式で執り行われました。

 

 

シスターは、1969年幼き聖マリア修道会に入会しました。

聖バルトロメア・seacret の霊性を生きるように神様から呼びかけを受けたシスターは、インドやアフリカへの宣教を夢みていたそうです。

ところが、神様はシスターの望みと反対にシスターを日本の地に派遣されました。

若く使命感を持って来日したシスターは、とても輝いていました。

その姿は日本を離れる時まで変わっていませんでした。

 

7年前に癌を宣告され、夏になるとイタリアの病院で治療を受けていましたが、コロナの関係でイタリアへ行くこともできずシスターは、辛い時期を過ごしていたと思います。

でもその姿を周囲に見せることなく、自分に与えられた使命を忠実に果たしていました。

今年の1月に幼き聖マリア修道会の日本地区の地区長の役割を終え、3月に理事長の重責から解放されたシスターは、これから自分ができることを夢見ていたと思います。

ところが本人も私たちも、癌がシスターの体をこんなにも蝕んでいるとは想像もしていませんでした。

体力が弱り痛みとの闘いに疲れてこられたシスターはイタリアへの帰国を望まれ、7月9日愛する日本の地を離れていきました。

久しぶりに帰国できたシスターを待っていたのは、おいしいイタリア料理、家族、イタリアで教えていた卒業生との再会でした。

毎日、その嬉しい報告を電話で私に伝えてくださっていました。

その報告を聞くたびに、私の心は安堵でいっぱいになりました。

その生活が少しでも長く続くことを期待していましたが、ホスピスに入った2日後、神様がシスターに「よく働いてくれたね。もういいから私の所に連れて行ってあげよう」とシスターの魂を神のみもとにお呼びになりました。

 

親しい人との別れは、必ず私たちが体験しなければならないことです。

だからこそ、今関わりを持っている人達との出会いを大切にして、その人たちとの思い出をたくさん作っていきたいものですね。

その思い出によって、私たちの人生は深みを増し、豊かにされていくことでしょうね。

 

この日の追悼・感謝ミサに中部地区のカトリックオンラインかじノ 入金不要 関係の方々、旧職員、卒業生、保護者の方々の懐かしいお顔が見られ、私の心から熱いものがこみ上げてきました。

参列してくださった方々にこの場をお借りして感謝申し上げます。

そして在校生の皆さんの歌声に感動しました。

Sr.フランチェスカに対する生徒の皆さんの感謝の思いが、歌声で伝わってきました。

Sr.フランチェスカは心安らかに神様の懐に抱かれて、私たち一人ひとりのために祈ってくださっています。

Sr.フランチェスカ、ありがとうございました!

 

Google
ブラック ジャック の ルール si kuretto カジノ オンライン z 日本 語 オンライン カジノ ネット カジノ ku casino ブラック ジャック 親 ムーン プリンセス フリー スピン ジパング カジノ 入金 不要 ボーナス クイーン カジノ 出 金
map